高速鉄道

高速鉄道

高速鉄道

世界初の高速鉄道アドバイザー

1964年に世界で始めて高速鉄道を開業して以来、日本は各国から技術支援の依頼を受けています。この要請に対応するためにJARTSは1965年に設立され、JICもそのノウハウを引き継いでいます。日本コンサルタンツには、土木、軌道、車両、電力、信号通信、運行管理システムなど高速鉄道の建設・運営に関するさまざまなノウハウがあり、それらを活用しながら相手国・地域にとって最適な高速鉄道システムをトータルで提案しています。